小児歯科

お子さまの治療は慎重に。無理に治療はせず、治療台に座ってブラッシングの練習やうがいをしてもらいながら徐々に慣れてもらっています。歯医者嫌いの子どもにしないように、時間がかかっても信頼してもらえるまで待つことが重要だと考えています。

小児歯科

天然の歯を長もちさせるためには、子どものうちから歯医者さんに通う習慣をつけることが大切です。無理な治療をして「歯医者さんは怖い」と思わせないために、時間がかかってもじっくりとお子さまに向き合います。

保護者さまも目に届く場所で
お子さまの不安解消のため、治療の際には保護者さまにチェアの横にいてもらっています。そのほうが歯医者に慣れてもらいやすいですし、保護者さまも治療の内容やスタッフの対応を見られるので安心です。

お子さまの予防歯科

●定期検診で歯の状態をチェック
●むし歯を作りにくくするための食事指導
●歯並びや噛み合わせをチェックして、顎の発達をサポート

お子さまの予防歯科乳歯は神経が大きく、むし歯がすぐに神経まで達してしまいます。すると、その後生え変わる永久歯の健康にも大きな影響を与えてしまいます。

また、生えたての永久歯は柔らかく傷がつきやすい状態です。傷がつくとそこからむし歯が発生してしまうこともあります。大人よりもデリケートな歯を持つお子さまに、予防歯科はとても大切なのです。

当院では3~6か月に一度の定期検診を推奨し、お子さまの歯の状態をていねいにチェックいたします。また、ご自宅でもむし歯予防を徹底していただくために、ブラッシング指導や食事指導なども行っています。さらに歯並びや噛み合わせをチェックし、顎の発達をサポートすることで、お子さまの歯の健康をお守りしています。

小児矯正について

小児矯正子どもの歯並びは遺伝によるものが大きく、生え揃う前から小児矯正を考えられている保護者さまもいらっしゃいます。子どもの矯正は、最初からワイヤーなどを使ってガチガチに固めるわけではありません。小児矯正の目的は、大きく分けて2つあります。

●成長とともに、状態を悪化させる要因を取り除く
●顎の発達を促しながら、歯並びの誘導を行う

必要であれば小児矯正も対応していますので、ご相談ください。専門医を紹介することも可能です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください