被せ物・詰め物

むし歯が進んで歯を大きく削ってしまったときなどに、穴の開いた歯を補強するのはとても大切です。当院では、詰め物や被せ物も保険内で最高のものを提供しています。

被せ物・詰め物

むし歯の治療をして歯を削ったあとに取りつける詰め物や被せ物は、二次的なむし歯を作らないためにもとても大切です。保険が適用される範囲には、時間や素材の制約があります。

ただし制約があるからといって、劣ったものしか提供できないというわけではありません。また、たとえ自費治療だとしても、歯科医師の技術やメンテナンスによっては、長持ちしないこともあります。当院では歯を守ることを第一に、保険内でもよりよい材料と高い精度を追及しています。

金属アレルギーをお持ちの方など、自費治療の詰め物・被せ物を希望される方にももちろん対応しています。具体的な内容についてはご相談ください。

【自費治療の一例】オールセラミッククラウン

オールセラミック素材に透明感のあるセラミック(陶器)を使用。歯の内側部分も、金属ではなく強化セラミックで製作します。歯の白さなどは、周りの歯とマッチさせて作ります。

<オールセラミックのメリット>
・白く美しい歯が手に入る
・変色などの経年劣化が少ない
・金属を一切使用していないため歯肉が変色しない
・金属アレルギーの方にも安心

<オールセラミックのデメリット>
・金属を使ったものより割れやすい
・比較的、歯を多く削る必要がある

【自費治療の一例】メタルボンド

メタルボンド金属でできた義歯の外側を、透明感のあるセラミック(陶器)で覆ったものです。歯の白さなどは、周りの歯とマッチさせて作ります。

<メタルボンドのメリット>
・金属を使用しているので割れにくい
・白く美しい歯が手に入るが、オールセラミックには劣る

<メタルボンドのデメリット>
・内側に金属を使用しているため、歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べると透明感はない
・金属アレルギーが出ることがある

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください