むし歯の進行と対策

むし歯の進行状態には5段階あります。むし歯の状態によって、治療方法や治療にかかる期間も変わります。まずはご自身のむし歯が今どの段階なのかを把握して、日々のケアや必要な治療を行いましょう。

【CO:脱灰】Co
症状:歯の表面部分のむし歯。初期段階のため、痛みはない。
対策:自覚症状はないが、定期検診にて発見可能。毎日のブラッシングで進行を抑えることができる。

【C1:エナメル質のむし歯】C1
症状:エナメル質(歯の表面)が溶け、表面が黒くなった状態。まだ痛みはない。
対策:自覚症状は少ないが、定期検診にて発見可能。むし歯部分を削り、歯科用プラスチック(レジン)を詰める。麻酔も不要で、簡単に治療ができる。

【C2:象牙質のむし歯】C2
症状:歯の内部でむし歯が広がり、エナメル質の奥の象牙質にまで達した状態。冷たいものや甘いものがしみる。
対策:むし歯部分を削り、必要に応じて詰め物や被せ物をする。場合によっては麻酔が必要になるが、治療期間は比較的短くて済む。

【C3:歯根のむし歯】C3
症状:歯の神経までむし歯が達した状態。激痛を感じ、冷たいものや甘いものだけではなく、温かいものがしみることがある。また、歯ぐきが腫れたり膿が出たり、激痛を感じることもある。
対策:歯の根管治療を行う。場合によっては神経を抜く。必要に応じて詰め物や被せ物をする。定期的に治療のための来院が必要。治療終了までには期間を要する。

【C4:歯の根を残して崩壊したむし歯】C4
症状:歯の根を残して、歯が崩壊した状態。神経が死んでいるため、痛みがない場合もある。
対策:治療をしても長持ちしない場合には抜歯をする。抜歯後は入れ歯など、保険内で可能な限り補う。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください