歯周病の進行と基本的な対策

なかなか症状の出にくい歯周病。ここでは進行度合いによる症状や基本的な対策方法をご紹介します。

歯周病未満歯周病の進行
歯ぐきは薄いピンク色で腫れもありません。歯周ポケットは、1~2mm程度です。

対策:健康だからと言っても油断は禁物。2~6か月に一度は定期検診を受け、しっかりとインフェクションコントロールをしていきましょう。エアフローで汚れや細菌を除去していきます。

歯肉炎歯周病の進行
歯ぐきにのみ炎症が起き始めます。歯周ポケットに細菌がたまっている状態です。

対策:最低でも6か月に一度は定期検診を受けましょう。歯石の状態によっては、エアフローに加えてスケーリングにも力を入れます。日常的なケアをしっかりと行い、改善を目指しましょう。

軽度歯周病歯周病の進行
歯ぐきの色が炎症によって赤みを帯びてきます。歯周ポケットは3~4mm。歯周ポケットに汚れや細菌たまり、歯を支える歯槽骨に影響が出てきている状態です。

対策:3か月に一度は、定期検診と歯周病治療を受けましょう。エアフローに加えて、スケーリングで最適に歯石を除去します。日常的なケアをしっかりと行い、改善を目指しましょう。

中等度歯周病歯周病の進行
歯ぐきの腫れや出血によって、はっきりと症状を自覚できる状態です。歯周ポケットは4~6mm程度。指で押すと歯が動くほど、歯槽骨への影響も進行しています。

対策:エアフローやスケーリングでしっかりと汚れを除去し、歯ぐきを引き締めます。医院によっては、外科手術を進められるでしょう。まだ完治が可能な状態です。インフェクションコントロールをして、完治とともに再発の少ない口腔内環境作りを目指しましょう。日常的なケアも重要です。

重度歯周病歯周病の進行
歯ぐきの痛みもひどくなり、定期的に腫れるようになります。

対策:ここまで進んでしまうと完治は困難となり、時間もかかります。抜歯が必要となることもありますが、当院では患者さまのご希望を聞き、基本的な治療を根気強く続けることで改善を目指します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください