スキルアップに取り組んだ勤務医時代

院長あいさつ大阪大学歯学部にて歯科医師を目指していた兄の影響で、自分も同大学で歯科の道に入りました。卒業して勤務医となり患者さまと関わっていくうちに、もっと学びたいと願うようになりました。それから多くの講習会や修練会等のスタディーグループに参加し、根管治療や義歯、咬合について学び、自分なりに治療に取り入れるようになりました。

その熱意は、開業してからもずっと変わらずにもち続けています。勤務医時代にどん欲に学び、知識と経験を積んだからこそ、日々開発される新しい技術や知識の中から本当に患者さまのためになると思えるものを選びとる目が養えたのだと思います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください