細菌の数を減らし、細菌に影響されない「インフェクションコントロール」が大切です

患者さまに少しでも「通いたい」と思っていただけるように、短い時間で効果が出て、痛くなく、心地よい予防歯科を心がけています。

予防中心の歯科治療

歯科医院は歯が痛くなってから行くところだと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、それでは自分の歯を長持ちさせることはできません。予防のために、長く定期的に歯科医院へ通っていただくことが、自分の歯を守る一番の近道です。

さらに、痛くなる前に治療してしまえば、治療費も治療期間も抑えられます。当院の患者さまには定期的に通っていただき、長くお口の中の健康をサポートしたいと考えています。

また、定期検診やクリーニングを歯科衛生士が行う医院も多くありますが、当院では院長が行っています。食生活のアドバイスや細菌のコントロールなども含めたサポートをしていくには、それが最適な方法だと考えるからです。

お口の中の細菌のバランスを整える「インフェクションコントロール」

インフェクションコントロールこれまでの予防歯科では、スケーリングなどでプラークをすべて除去することが一般的に行われてきました。しかし、たとえばまだ炎症を引き起こしていない状態であれば、生体と細菌のバランスをコントロールし、疾患が起こらない程度に感染を抑えるだけで十分なのです。

当院では最新のエアフローによって歯周病菌などの細菌を吹き飛ばし、お口の中の細菌のバランスを整えるインフェクションコントロールを実践しています。これにより、従来よりも痛みを感じることなくメンテナンスを行うことができるようになりました。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください